So-net無料ブログ作成

春の近さを感じる天気「雨一番」とは?今年は春一番が来ない!? [天気]

Sponsored Link




974fb2894616f52bea89dcb8da9005b4_s.jpg

北海道にお住まいの方には、お馴染みの言葉なのかもしれませんが、

「雨一番」・・・聞いたことがありませんでした^^;

この時期、テレビの天気予報などでよく聞く「春一番」も一緒にちょっと調べてみました。

◎雨一番とは?

国語辞典では、北国(主に北海道)で、立春以後に初めて、雪が混じらず降る雨のことだそうです。

雨が降り始めても、途中で雨がミゾレ混じりに変わってしまったら「雨一番」とはならないようで、

なかなか判定がムズカシイみたいですね^^;

ちなみに今年の立春は、2月4日(水)でした。

少し古いデータですが、北海道の主な都市の「雨一番」平均日は、

函館は3月2日、札幌は3月15日、釧路は3月18日、旭川は3月21日、網走が3月27日。

やはり南の方が「雨一番」早いんですね。今年はどうなんでしょう・・・。

スポンサードリンク




◎今年は「春一番」が来ないかも!?

まず「春一番」とは、
Wikipediaによると、北海道と東北、沖縄を除いた地域で立春から春分の間に、その年に初めて吹く南寄り(東南東から西南西)の強い風。主に太平洋側で観測される。春一番が吹いた日は気温が上昇し、翌日は西高東低の冬型の気圧配置となり、寒さが戻ることが多い。とあります。

先月の22日に北陸、中国、四国、山口県を含む九州北部の4地方で「春一番」が観測されましたが、

現在まで、九州南部、近畿、東海、関東では未だ「春一番」は吹いていません。

今週の土曜日が「春分の日」なので、あと2日の間に、南寄りの最大8メートルの強い風が吹かないと、

今年の「春一番」は来なかったことになるんだそうです。

実は3年前、2012年は「春一番」が来なかったらしいです。

実際に関係があるのかは、分かりませんが、

その年は首都圏でヒョウが降ったり、茨城では巨大な竜巻が発生したりして天候が不安定になったようなので、

もし本当なら「春一番」、早く吹いて欲しいですね!


◎あまりメジャーではない「終雪(しゅうせつ)」とは

調べていたら、こんな単語を目にしました^^;

みなさんは「終雪」って知っていましたか?

冬の最後の降雪のことらしいです。

「終雪」のほかに「名残雪(なごりゆき)」とか「忘れ雪(わすれゆき)」とか

「雪の果て(ゆきのはて)」や「涅槃雪(ねはんゆき)」などとも言うそうです。

反対語と言うか、「初雪」はニュースなどでけっこう話題になるのに・・・。

主な都市の「終雪」の平均日は、

東京都内は3月10日ごろ、名古屋市は3月6日ごろ、大阪市は3月7日ごろ、福岡市は3月4日ごろ。

先ほどの札幌市は4月19日ごろ、と言うことは「雨一番」が降ったあとも1ヶ月くらいは雪が降るのですね。

まだまだ寒そうで・・・「春一番」と比べるものではないですね^^;


Sponsored Link



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
初めてのホームページ