So-net無料ブログ作成

ロバートゼメキス監督「ザ・ウォーク」フィリップ・プティさんの実話を映像化 [映画]

Sponsored Link




まだまだ半年以上も先の話ですが、

来年1月23日に公開が決まった、

ロバート・ゼメキス監督の最新作「ザ・ウォーク」の予告編が公開されました。

ロバート・ゼメキス監督といえば、

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズや

「ロマンシング・ストーン 秘宝の谷」、

「ロジャー・ラビット」、

「永遠に美しく… 」、

「コンタクト」、

「フォレスト・ガンプ/一期一会」など、

最新の視覚効果を駆使した映像を世に送り込んできた、

ゼメキス監督が今回制作したのは、

「史上、最も美しい犯罪」とも言われた、

フランス人の大道芸人フィリップ・プティさんの実話を映画化。



◎フィリップ・プティさんとは?

1949年8月13日、フランス生まれの現在65歳。

プティさんは色々なビルや大聖堂などを綱渡りする、

ワイヤーアーティストです。

その中で、プティさんを一躍有名にしたのが、

1974年に今はなきワールドトレードセンターの

ツインタワーを綱渡りしたことです。

スポンサードリンク




実は、2008年(日本では2009年公開)に、

プティさんのワールドトレードセンターの綱渡りについて、

プティさん本人や関係者によるインタビューや当時の映像などを交えた、

ドキュメンタリー映画「マン・オン・ワイヤー」が公開されました。

この作品は、その年のアカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞のほか

数々のドキュメンタリー賞を受賞しました。



「ザ・ウォーク」の予告編だけでは、よく分かりませんが、

今回、ゼメキス監督が制作した映画も

この1974年のワールドトレードセンターの綱渡りの実話を

ゼメキス監督流に映像化した作品のようです。

地上110階、高さ411メートルの世界を3D大画面で・・・

映画と言うより、アトラクションに近いですね^^;



Sponsored Link



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
初めてのホームページ